2009-05-16(Sat)

ホンジュラス

メキシコ~グアテマラと南下し、次はホンジュラス。私のホンジュラスの印象は不思議、です。

マヤ遺跡見たい~と思って、グアテマラとホンジュラス国境付近にある、コパン遺跡を見ようと、ホンジュラスに入国☆
th_ホンジュラスイミグレ

 19時過ぎくらいに国境に到着。グアテマラとホンジュラスのイミグレも隣接しているので楽~に入れました。

 そのまま30分くらい行った、コパンルイナスの街に一泊。ここは遺跡のある街なので観光客がたくさん。一番安い~っと言われてる宿だったけど、一晩800円くらいだったんかな。

 うろうろしてたらアルゼンチンからハーレーできている男の人2人に日本語で挨拶される。(笑)もちろん一概には言えないけど、私の少ない旅の中での意見ですが、、アルゼンティーのはいい人が多いな~。

 宿に戻ってカナダからきている男の子と2時間くらい話してたら、、ニカラグア人の子とデートしてるんだ、これからニカラグアに南下して会うつもり!って。恋をする人は男女関係なくかわいらしいものですね~☆

夜中になっちゃったので、とりあえず寝る。
翌日早起きして、マンゴー買って、遺跡まで歩く。
th_ホンジュラス1
th_ホンジュラス2
th_ホンジュラス3

どうやらここの遺跡は日本がだいぶ援助してるらしくところどころで日本ありがと~的な看板やらなんやら見かけた。
th_ホンジュラス4
th_ホンジュラス5
th_ホンジュラス6
th_ホンジュラス7
th_ホンジュラス7
th_ホンジュラス8
th_ホンジュラス9
th_ホンジュラス10
 ゆっくりまわって4時間くらいかかったよー。朝のオープンの時間から行っててよかった。どんどん暑くなってきちゃって。

一言。遺跡っってほんっとすっごいね。

ホンジュラスはここに行きたい!!ってのがなくて、カリブ海側にガリフナ族を見に行きたいな~って思って、よし!っと思い、そっち方面に向かうことに。バス乗って~、サンペドロスーラってとこで降り、乗り換え、港町、ラ セイバってとこへ向かう。

セイバに着いたのが、20時半。暗いから、、でなくて、着いた瞬間なーーーーんか嫌な雰囲気。なんなの、これ、、って。直感?

でもとりあえず乗り合いタクシーでアメリカ人カップルと乗り合わせ、ダウンタウンへ。
 カップルはバナナリパブリックっていうユースホステルで降りるって。私に宿の予約とかしてないんだったら一緒に行こうよ、って言ってくれたから悩んでたんだけど、そのユース着いた時にまた嫌~な感じがきてしまい、ありがとう、だけ行って、違う宿に向かったの。

 行きたかった安い宿がいっぱいで2ブロック先を紹介される。ここは一晩900円くらい。それにしてもこの街のいやーーな感じはなんだろう、あと3時間バスに乗ったら目的地のガリフナ族が住む町にいけるんだけど、、

翌日起きて、嫌な感じが抜けないので思い切って、行かないことにした。勘を大事にしよう。。

 バス乗り場に向かう。。そこでニューカレドニアから(初めてあっったよー。ニューカレドニアからなんて!)の男の子と会って、、、話してたら。
彼は旅してて1年半。一度も危ない目にあってないのに、ここで貴重品を盗まれる被害にあったんだって。それだけならまだしも、、



4日前、、ユースホステルバナナリパブリックに泊まってる時に仲良くなったイタリア人の女の子が、、スキューバダイビングの予約をするため、ホステルから3ブロック先の出掛けた。。まま帰ってこなかったんだって。しかもタクシーで行ったのに。その子と次の日落ち合うはずだった別の友達が彼女と連絡が取れないので、、心配でホステルにやってきて、みんなで心配だったからついに警察を呼んで。

 なんと、遺体で発見されたって。。実はこの辺り、ギャングの抗争がひどいらしく巻き込まれたのかねーっとのことで。超こわいんですけど、、そのユースに泊まってた別のカップルも出掛けた際、5人組くらいに殴られ金品強奪にあったって。

 どうやら、この私のいやーな勘は当たってたらしい。

 私もニューカレドニアからのマテオくんもホンジュラスを抜けるため、首都のテグシガルパへのバスに乗る。込んでて、3時間遅れで到着。21時だよー、もう。ってことで一緒に宿探し。とっても夜中観光客が歩ける用な街ではないので、2人で手頃なところで宿決定!割って一晩900円かな、ここも。。メキシコ~グアテマラで一晩300円~500円だったからなんかホンジュラスが割高に思う。安いとこ探したら安いんだろうけど。

マテオくんほんとにいい子で楽しかったなー。パジャマ姿のマテオくんです。↓
th_ホンジュラス マテオくん

 結局テグシガルパからニカラグアに抜けることにしました。次回はガリフナ族住んでるところ行くぞー。もっとホンジュラス見たいしー。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

yellow bear

Author:yellow bear
十代の頃から憧れてたヒッピーライフスタイル。アメリカのオレゴン州でのヒッピー生活を得て帰国。シンプルライフを目指し、服つくり、マクロビ、ヨガを実践しながら秋にお店オープンに向け只今準備中♪

web shopで服、小物の販売もしています。のぞいて見て下さい~☆
http://peacepigeon.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる